タラバガニは、漢字では「鱈場蟹」と書きます。この名前は、もともと北海道でよく獲れていたタラの漁場の近くに生息していることに由来しています。

昔、北海道でタラの漁をしているときに同時にたくさんとれ、見慣れないカニがいるということで、「鱈場」蟹と呼ばれるようになりました。

英語では「red king crab(レッドキングクラブ)」で、文字どおりカニの王様と言えます。

カニと言う名前が付いていますが、DNA鑑定ではカニよりもヤドカリに近いということで、ヤドカリの仲間とされています。

身は堅い甲羅に覆われ、左右4対の脚があります(正確には5対目の脚もあるおようですが、小さくて外見からは見えません)。そして、第1脚は右爪のほうが左より大きいという、見た目の特徴があります。

タラバガニの生息域は、日本海、オホーツク海、ベーリング海のほか、北極海のアラスカ沿岸、チリやアルゼンチンの沿岸にも分布しているようです。日本の近海では、千島列島からオホーツク海が中心となります。

生息環境としては、水温が10度以下、水深は30~360メートルの海底に生息し、脱皮を繰り返して成長します。

近年、価格が高騰していますが、その要因は、乱獲等によって生息数が激減しているためです。

タラバガニが美味しい通販のお店はこちら

アブラガニとは

よく似たカニとして、アブラガニという種類があります。別の種類ですが味は大差がないため、アブラガニがタラバガニとして売られているケースもあったようです。

ただ、今ではそのようなことはなく、はっきり区別するためにタラバガニを「本タラバ」と呼んで販売されているケースもあります。