カニと一口に言っても、いろいろな種類があります。そして、味も、食べ方も、獲れる場所もさまざまです。

でも、日本で一般に流通しているカニとしては、ズワイガニタラバガニが二大巨頭?でしょう。

その他、一般に知られているものとしては、毛ガニワタリガニ、また、北海道根室市の花咲港近くで獲れる花咲ガニというカニもあります。

ズワイガニの特徴

ズワイガニは、日本で一般的に高級なカニとして知られているカニです。甘みの強さが特徴で、独特の味わいがあるたいへん美味しいカニです。

ズワイガニは、日本海に面する山陰地方から北陸地方が中心的な産地で、北海道のオホーツク沿岸でも漁獲があります。

また、ズワイガニは、水揚げされる場所によって名前が変わり、それぞれの土地のブランドカニとして知られています。

代表的なものを挙げると、下記のものがあります。

越前ガニ:福井県で水揚げされるズワイガニ
松葉ガニ:島根県、鳥取県、兵庫県、京都府で水揚げされるズワイガニ
間人ガニ:丹後半島の間人(たいざ)漁港で水揚げされるズワイガニで、最高級のカニとして知られています。

タラバガニの特徴

一方、タラバガニは、北海道で獲れる代表的なカニとして有名ですが、実は最近では北海道での漁獲量は少なく、ロシアからの輸入品が多いそうです。

大きくて迫力があるので、カニと言えばタラバと考えている方も多いですが、実はカニの仲間ではなく、ヤドカリの一種だそうです。

他のカニとは違い、足が8本しかないという点からも、カニとは別の種類だということがわかります。

以上のように、タラバガニとズワイガニは、全然別の種類と言えますので、食べ比べてみるのも楽しいと思います。