魚介類は何でもそうですが、カニについても、美味しさは鮮度で決まると言っても過言ではありません。

カニは、鮮度が落ちてしまうと、味が落ちてしまいます。鮮度の良しあしで、味がかなり左右されてしまうわけです。

では、どうすれば、鮮度のよいカニを購入することができるのでしょうか?

もちろん、生きたカニを買うことができればそれが一番よいのは言うまでもありません。ですから、お店で食べる場合は、生け簀に泳いでいるカニをそのまましめて、すぐに食べるというのが最高です。

あるいは、市場などで生きたままで売っているカニを、買ってすぐに食べれば、鮮度を落とさずに食べることができます。

でも、自宅に通販で取り寄せる場合、生きたままというわけにはいきませんよね。

ですから、ポイントは、産地直送であることと、冷凍方法に注目することです。

産地で獲れたカニをそのまま冷凍して送ってくれれば、最大限鮮度を保つことができます。ですから、北海道などの産地直送の業者を選ぶのがよいでしょう。

冷凍方法の違い

また、冷凍方法については、大きく分けて生のままの冷凍と、ボイルしてからの冷凍という2種類の方法があります。

ボイル冷凍の場合、解凍してすぐにそのまま食べるという食べ方が一番美味しいので、お勧めです。

一度ボイルされているものをもう一度ゆでる(二度ゆで)と、冷凍のときに閉じ込められたカニの旨みが損なわれてしまうので、避けたほうが無難です。

一方、生のまま冷凍したカニは、ボイル冷凍のカニと比べていろいろと食べ方の幅が広がります。

最近では以前と比べて冷凍の技術も発達しています。冷凍の期間が短く、冷凍保存の状態がよいものであれば、美味しい状態でいただくことができます。

カニを通販で購入する場合は、そのお店が冷凍方法にどれくらい気を使っているかに注目するとよいでしょう。